市民の党「自由と責任」党員、会員および各市政改革挑戦者の支援者の皆様



寒い日が続きますが、お元気でご活躍のことと拝察いたします。

さて、下記の如く、市民の党「自由と責任」の再出発・決起集会と4月の市政改革挑戦者の合同事務所開きを開催いたしたくご多用中とは存じますが、
万障御繰り合わせの上、ご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。



                 記

1 日時 平成27年2月22日(日) 16時から17時まで

2  場所 市民の党「自由と責任」党本部2F

     所在地 岡山市中区下337-1 (熊代昭彦事務所内)

     電話  086-278-5000 FAX 278-5550

携帯  090-2413-1457 docomo xperia

080-43555-9046 softbank iphone



合同事務所開き参加予定市政改革挑戦者



1  秋山 まさし       北区 

2  しらかみ 陽一朗     北区

3  ささき 勝正       中区

4  くましろ 昭彦      中区





















<追記> 

☆ 市民の党「自由と責任」のお詫びと再出発の決意



市民の党「自由と責任」につきましては、一時岡山維新の会に移行したいとの失礼なご連絡をし、大阪維新の会と連携協定も結びました。しかし、大阪維新の会が日本維新の会となり、「太陽の党」と合流をするに及び我々の志と違うことが鮮明になりました。

そこで我々は、市民の党「自由と責任」の、市町村行政の改革に徹する、という初心に立ち返り、大阪維新の会と絶縁し、岡山維新の会を解散しました。



この期間、迷走しましたことを大いに反省しています。どうかお許しください。心よりお詫び申し上げます。



幸い若い同志の参加も得られましたので、短期決戦も戦うことが出来、さらに10年、20年、30年と息の長い戦いを展開することが出来ます。



今後は決してゆらぐことなく、若者も高齢者も筋金入りの改革者として、恐れず、ひるまず、同封のパンフレットに掲げたところの、極めて困難な改革、しかし、本当に市民の幸せを実現する改革の道を一筋に追求していきます。どうか、変らぬご支持を下さいますよう心よりお願い申し上げます。





☆ くましろ昭彦のお詫びと決意



くましろ昭彦は先の市長選で文書図画頒布規制違反を犯し、起訴されています。ルール違反をしましたことは心から後悔し、反省しています。



しかし、このルールを定めた公職選挙法を調べれば調べるほど、憲法21条の表現の自由の保障に反する違憲の法律であることが明らかになってきました。これは放置できない大きな悪です。日本の選挙を市民に開かれた、投票率の高いものにするために、命をかけて、戦うことを決意し、今最高裁で戦っています。



 米国、イギリス、ドイツ等の欧米先進国では、文書配布規制はありません。戸別訪問の禁止も、事前運動の禁止もありません。選挙費用の上限規制だけでなんら問題はおきていません。日本にも選挙費用の上限規制はあり、立派に機能しており、文書図画頒布規制は政治的表現の自由を制限するもので廃止されるべきです。生涯をかけて戦い抜く決意です。